topイラスト


イベントレポート



2014年09月14日

前日から晴れており、朝はさわやかな晴れ模様でした。人形町〜小伝馬町のあたりは快晴で、さわやかな秋晴れのなか会場へ向かいました。天気予報では予想最高気温27℃、最低気温19℃、日中の降水確率10%でしたので個人的には若干肌寒くありましたが、日差しは温かかったです。

08:50
売り子嬢とともに開場入りして、スタンドPOPを組み立ててオンリー本部にもって行きました。
オトメイトカルネヴァーレ主催さまのご厚意で、入り口に↓のような長尺ポスターを飾らせていただきました。(サイズは850o×1600o)


そして、設営を始めます。
本部は↓のように飾りました。


景品はずらっと並べました。
優秀すぎる売り子嬢たちによってスペースが着々と出来上がっていきました。

↓は共通POPです。
ほとんどのサークル様が飾っていただいていましたので、少し離れて見ると素敵な斎千花道がずらっと……。
本当に圧巻でじんときました。

幕末から始まり浴衣で終わるという飾り方をしたり、各サークル様はそれぞれお好きに飾っていただいたようです。
本部はランダムに飾っておりますが、4SPなので必ず6種類4枚ずつ使用し、同じ設定が続かないよう、売り子嬢にお任せで並べて飾ってもらいました

フライヤーイラストを色紙にさせていただいて、ご挨拶色紙とさせていただきました。


少し読みにくいですが以下のように書いております。

『本日は「ぷち明月の精」にご参加いただきありがとうございます。
 すこしでも楽しんでいただけましたら幸いです。
 本日が皆様にとって素敵な斎千DAYとなりますよう。
                                       主催』

以下、景品のアップ画像です。







前日に準備したPOPにラリーの目印とノベルティーをセットしてお配りました。
ぷち申込みはされてない斎千サークル様にもセットを押し付けてまいりました。
アンソロジー執筆者さまや景品執筆者さまへ実物を渡しにいきました。
お礼お菓子はやっぱり(?)斎千夫婦からの引き出物系だよね〜と熨斗を付けたお菓子をお渡ししました。


11:00
開場。

開場後はたくさんの方が当プチ本部にお越しくださいました。
ありがとうございました。

本部販売物のパンフレット+クリアファイルとアンソロジー+カレンダーセットです。



11:30〜レイヤーさん企画開始となりました。

斎藤か千鶴コスプレであぶらとりがみをプレゼントし、斎千ペアの場合はポーチをプレゼントしました。


今回は残念ながら斎千コスの方はほとんどおらませんでしたが、いくつかお渡しすることができて良かったです。


12:30〜景品交換となりました。

正直、参加者いないのではないかと思いながら当日をむかえましたので、前回よりかなり控えめにしか景品を用意しておりませんでした。
したがって、当日予想以上の参加者に驚きつつもとてもありがたく、しかし普通に配布しては最後のほうの方まで景品をお渡しできないことになりそうだと思い、交換は比較的多く用意した1枚景品と2枚以上のどれかは一緒に交換可能だが、2枚以上の景品は同時に交換できないという変則的な配布方法を取らせていただきました。
ブランケットは即配布終了いたしました。他の景品も次々と配布終了いたしまして、ほぼノベルティーとおもって用意したスイングストラップも含めて景品はすべて配布終了となりました。
交換できなかった皆様にはご迷惑をおかけしました。
たくさんの方々に引き換えていただき、有難うございました。


14:00ごろ

景品頒布がすべて終了してしまった後、会場におられる方たちと和やかにおしゃべりいたしました。
前回イベントでは徹夜明けで朦朧としておりましたが、今回は体調不良もなく楽しくおしゃべりできました。
余ったあぶらとり紙は14時頃に残っていた参加者の方に配って回りました。
(配布開始のタイミングの関係でお渡しできなかった方、申し訳ありません)



14:30〜プチ終了。撤収作業へ。

ポスターや色紙は全て希望の方にお譲りしました。また、POPも配布いたしました
もらって頂いた方、有難うございました。
お手元で大切にしていただけましたら幸いです。


15:00 撤収終了

オトメイトカルネヴァーレ主催さまにご挨拶させていただきました。
本当に和やかで素敵なイベントでした。くじ引きでは眼鏡ふきをゲットしたり、参加賞という名の個人的には当たり景品(ティッシュですが差し込みのイラストがすごく凝ってて素敵でした)もゲットいたしました。


終了の挨拶


改めまして、斎藤×千鶴プチオンリー「ぷち明月の精・参」にご参加、ご協力いただきましてありがとうございました。
サークル参加者の皆様も、一般参加者の皆様も大変お疲れ様でした。
無事終了することができたのも、ご協力くださった皆様のおかげです。

もう一度東京で斎千プチを。
そう思ったのは前回の「in東京」が台風で交通事情が悪くて来られなかった方もおられたり、ぜひ開催してほしい、次の景品はこうして欲しいというご意見をいただいたからです。
当日だけでなく、準備段階から楽しい雰囲気を作りたいと思っていろいろノベルティーを配布させていただきました。
冬はティッシュ3種、デコチョコ。夏にはミントタブレット菓子を配布させていただきました。

イメージイラストを描いてくださった岡本さまをはじめ、様々な方にご寄稿いただいてフライヤーや景品を用意させていただくことができました。
アンソロジーもたくさんの方々にご寄稿いただき、ご寄稿くださった皆様のご厚情に深く感謝申し上げます。
素敵な斎千をご寄稿くださった執筆者の皆様のおかげで無事開催日を迎えることができました。次々と届く斎千作品に胸が高ぶりました。
たくさんの作品を拝見して改めて斎千が好きだなと感じた次第であります。

フライヤー配布など本当にたくさんの方のご支援を頂きました。
開催を発表してから本日までご声援もたくさん頂き、大変励みと活力になりました。
皆様一人一人のご協力やご支援無くしては本日を迎えることは決してなかったことと存じます。
当プチオンリーへご支援を賜りましたこと、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

「オトメイトカルネヴァーレ♪6」主催の奈良さまには重ねて御礼申し上げます。
特別な支援はないとおっしゃられていましたが、主催さまの丁寧な対応やお心遣いが何よりの支援だったと思います。オトメイトカルネヴァーレで斎千プチを開催させていただけて、とても幸せだったと思います。
いろいろお世話になり、本当に有難うございました。

当日、周囲のサークルの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことも多々あるかと存じます。
この場を借りてお詫び申し上げます。

参加する皆様全員が楽しんで頂けるようなイベントを作り上げるのは大変難しいことと存じておりますが、
当プチがみなさまにほんの少しでも何か良かった、楽しかったと心に残るものであったとしたら主催としてこれ以上ないことだと思います。
また、斎千が好きだと再認識していただけたらこれ以上ない幸せです。


最後に
今回の開催をもちまして「ぷち明月の精」は終了となります。
次回開催をというお声をかけていただき、本当にありがたく思いましたが、
諸般の事情(ここには書き尽くせない部分がありますことをご了承ください)で、継続は不可能となっております。


誰かがどこかで斎千プチを開いてくれることをねがっております。
本当にありがとうございました。