戻る 

トピックス


新型コロナ関連情報(終了分)



☆広島県頑張る飲食店応援金

 ・三次市(20万円)、安芸高田市(30万円)の応援金制度が設けられました。
    広島県による専用ホームページはこちら(頑張る飲食店応援金)
 ・期限は3/19(金)までです。
 ・詳細はひとまず三次民商ニュースでご確認を!
みよしnews20210222
2021/02/22/号



☆三次PCRセンター 開設されています

・要事前予約、1/17(日)まででしたが延長されたようです(2/28まで)
 ※3/1以降もさらに「当面延長」ということです。
   県内5箇所で、どこでも受けられる体制となりました。
   三次は午前11時から午後4時まで、みよしまちづくりセンター駐車場にて
      詳細はこちら(三次市ホームページ)
1. 三次市に限らず、県内全域の以下の施設等における従業員及びその関係者
  ・高齢者施設・事業所
  ・障害者(児)施設 
  ・医療機関
  ・消防署の救急隊員
  ・廃棄物処理業従事者
  ・理美容業従事者
  ・鍼灸マッサージ業従事者(はり師、きゆう師、あん摩マッサージ師)
  ・飲食店
2 週間以内に広島市内の酒類提供時間の短縮を要請している地域の飲食店で飲食した、県内在住者
 

☆「持続化給付金」延長されました

・申込期限…1/31まで、書類提出期限…2/15まで
    持続化給付金についての案内ページ(中小企業庁)

要件:2020年1月~12月のいずれかの月の売上が前年同月比で50%以上減少している場合に対象となります。
 ※白色申告の方は前年総売上÷12か月と比較
・給付額:個人:最大100万円 法人:最大200万円
※季節により売上に変動がある方や新規開業の方への特例制度もあります


☆家賃支援給付金も、申請期限延長されました

 
・申請期限…2021年2月15日(月)24時まで
 こちらに案内、申請様式例のワード書類、受付ページがあります(経済産業省)

・対象者:テナント事業者のうち、中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月~12月において、次の①か②に該当する方に給付金を支給。

 ①いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少
 ②連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減

・給付額:法人は最大600万円、
     個人は最大300万円
 申請時の直近の支払賃料(月額)に基づいて算出される給付額(月額)を基に、6カ月分の給付額に相当する額を支給


☆飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策事業補助金

 
・申請期限…2021年2月26日 3/31 まで(6/30まで延長されています、以降については未定)
   案内、申請要項などはこちら(広島県ホームページ)

令和2年9月8日(木)から令和3年2月26日(金)までの間に購入設置、支払を完了したもの。
◆補助対象経費
 ①飛沫感染予防対策 例)アクリル板、ビニールカーテン、パーテーション、フロアマーカー
 ②接触感染予防対策 例)非接触体温計、サーモカメラ、コイントレイ、非接触ドアオープナー、
非接触ソープディスペンサー、非接触蛇口、非接触消毒液ディスペンサー、足踏み式消毒液スタンド、
セルフレジ、自動販売機、トイレ便座自動開閉
 ③換気による感染予防対策 例)換気扇、サーキュレーター
 ④その他、上記3つの分野に該当する感染予防対策に係る設備の設置
 ⑤上記3つの分野に該当する対策商品の買い替え、付け替え
  例)アクリル板の買い替え、ビニールカーテンや換気扇の付け替え
◆1店舗あたり10万円(申請は1店舗につき1回限り)

 

☆飲食店におけるパーテーション設置促進補助金

 
・申請期限…2021年2月26日 3/31 まで(6/30まで延長されています、以降については未定)
   案内、申請要項などはこちら(広島県ホームページ)
 
令和2年12月10日(木)から令和3年6月30日(水)までの間に購入設置、支払を完了したもの
◆補助対象経費
 例)アクリル板、ビニールカーテン、防護スクリーン
◆1店舗あたり10万円(申請は1店舗につき1回限り)

 

☆雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金も延長されました


・申請期限…2/28まで(4/30までに再延長されています)
雇用調整助成金 →(案内、申請概要はこちら(厚生省ホームページ))
・対象者
 □雇用保険に加入している事業者
 □年同期比5%以上減少している方
 □従業員を休業させ、休業手当を60%以上
  支給した事業者
・必要書類
 □売上台帳など
 □労働者名簿および役員名簿
 □出勤簿・タイムカードの写しなど
 □賃金台帳や給与明細の写し
雇用保険に加入していない場合は
「緊急雇用安定助成金」が活用できます
 →緊急雇用安定助成金のマニュアル、申請書はこちら(厚生省ホームページ)
 

☆三次市の新型コロナ支援策


民商と同様、各団体からの要望を受け、三次市は新型コロナウイルスの影響で売上が落ち込んだ市内の飲食店に対し、独自の三次市飲食事業者支援給付金を始めました。
その他にもまだ申請できる支援制度がありますので、詳細は各リンクをぜひチェックしてみてください。
 
飲食事業者支援給付金20210122-三次市飲食事業者支援給付金
なぜか前年度の売上が120万以下の事業者は対象外というよくわからないことになっていますが、飲食店事業者に対して、事業経営の持続、継続を支援するための給付金となっています。
売上減少率に応じて3段階、10万、15万、20万の支援となっています。
広島県の「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」への登録店舗が条件となります。
  2021/2/28(日)まで(3/19(金)まで延長)
 
雇用調整助成金202101三次市雇用調整助成金等活用促進事業補助金
国の雇用調整助成金の活用を援助するための補助金となります。
申請にかかる費用( 社会保険労務士に支払った費用)のうち、10万円までは10/10、10万円を超えた額は1/2の補助が受けられます。
  2021/3/1まで(3/31(水)まで延長)
 
固定資産税特例202101固定資産税・都市計画税の特例
地方税法に基づいた措置です。
コロナの影響やその拡大防止措置により、事業収入が一定以上減少した中小企業者・小規模事業者は、申告により減少率に応じて50%、または全額の減額措置が受けられます。
  2021/2/1まで(終了)
 
市税等猶予・減免202101その他市税などについても猶予、減免などの措置があります
 ・納税猶予(最長1年)
個人市県民税、法人市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料

 ・減免または軽減
法人市民税、介護保険料、固定資産税・都市計画税、国民健康保険税

 
その他の支援策についてはこちらのリンクに↓
  ・三次市HPの「新型コロナウイルス感染症関連 支援策まとめ」ページ
 国や県の支援策なども案内があります。
 事業者向けだけでなく、市民向けの支援策にも一通り目を通しておきましょう!

 

☆その他のお役立ち制度

・3年間無利子、融資を受けて商売を続けよう
  ①特別貸付(日本政策金融公庫)
  ②セーフティネット保証
   ※条件変更(元金据え置き)も活用できる手段です。
  ③緊急小口資金
   ・10万円~20万円の無利子借入が可能
   ・社会保障推進協議会に申込
・納税の猶予
  新型コロナの影響により、納付が困難な場合、納税を猶予することができます。
  生きることを優先する!納税は一旦猶予して乗り切りましょう
・コロナ対策要望の署名(全国商工連合会)
  こちらから署名用紙をダウンロードして、集まった署名を三次民商事務所までお持ちください。
  2021年3月15日まで
  ※来所が困難な方はご相談ください。