問い合わで・・・
西?東?近場?遠征?
気持ちは解りますが・・・正直こっちが知りたい(笑)
5、6年前までと近年では状況が全く違います
まして半月も一月もそれ以上も先に
何処行くか?サッパリ分かりません(^^;)
もちろん稀に安定して何日か同じポイントへ通う事もありますが
当船は近況・その日の天候・状況・潮・タイミング
日替わりで変わる太刀魚に一生懸命振り回される性格の船長です
遠かろうと近かろうと、外して移動に時間がかかろうと(;;)
いきなり何処かが食いよるって話聞こえたら
可能な限り
その日その時ベストと思えるポイントへ走ります(^^)
近年の判断基準の目安として遠征・近場の兼ね合い見ながらですが
数釣り場で、ほぼ小型オンリートップ50本UPと
型が混じるもしくは比較的サイズが良いのトップ25本UP
数はあくまで目安としてですが
後者の型が良い方に走ります

行先・ポイント等の希望がある方はチャーターでお願いします



ジギング・テンヤ釣り共に
ワイヤーリーダー・発光体は使用禁止でお願いします



ジギングは必ずPE0,6号〜1号以内でお願いします
アシストフックは必ずハーブレスでお願いします
魚が食った状態でのお祭り時等相手のラインの保護を
最優先でお願いします
最悪切れた場合は一言断り入れるようにお願いします
切られた方も気持ちは解りますが愚痴愚痴言わないようお願いします
1人で釣らない限り絶対避けて通れません
ある意味お互い様のマナーです


※お祭り時の被害軽減法
どの魚でもですが
普通にお祭り(異常に軽くなったり等)なら程々のテンションで
とにかく巻く事でお祭り症状軽く収まる事が多いです



テンヤ掛け釣り

ロッドはアタリを取り掛ける為に非常に重要になります

リールは動けば役を担いますがロッドの性能はどんなに器用に使ってもカバーしきれません

極端な8:2調子は釣りがシビアになり、かえって釣果ダウンしてるのが現場で起こってる現実です

硬すぎると太刀魚が餌をかじってもすぐ離します
結果よほど瞬殺で掛ける事ができない限り
おそらくは40〜50号のテンヤで開発してる為
そもそも30号での釣りには合わないのかなって感じします

柔らかいとアタリは出やすく餌をかじっている時間も長いのですが
掛かりにくく掛けても何故か途中でよくバレます

8:2調子と7:3調子の中間くらい
胴が硬く穂先が柔らかいのもがお薦めです

良い感じの竿でも掛けた後やたらに途中で外れるタイプも多々あります

また感度の良すぎる竿は
魚に違和感与えるのか、5,60メートルまでの浅いポイントでは
アタリが非常に短く掛けるのが困難な傾向感じます




船長お薦めロッド

●宮一釣漁具:Igurei・Cutlass fish TENYA CFT−66Mor63M 
初挑戦の方もバンバン好釣果上げてます

●アルファタックル:海人瀬戸内タチウオテンヤ200
                沖釣り工房タチウオ200

●ダイワ:メタリア太刀魚195orM-185


船によってもお薦めロッドは違ってくると思います
何故なら操船の癖、船の大きさの違いによる揺れ幅の差
エンジンの違いによる減速比(ギヤ比)の違い
エンジンの出力によってスクリューの大きさ・設定は全然違います
スクリュ−の設定違えば当然竿にかかる負荷も違ってきます

リール

出来るだけコンパクトで力の強いハイギアタイプがお薦めです

電動リールですと小型モデル

食い渋り低活性時等
極めるなら絶対手巻きタイプが推薦

船長お薦めリール

●ダイワ:ソルティガBJ 200SH/SHL 

●ダイワ:鏡牙 100SH/SHL

●ダイワ:キャタリナ 200SH/SHL

●ダイワ:レオブリッツ150J/JL ●ダイワ:シーボーグ200J/JL

●シマノ フォースマスター400or300

ライン

太刀魚釣りは2枚潮のポイントが多く太すぎるとオマツリしますので

※必ずPEは1〜1.2号、お薦めは1号

リーダーはナイロン50lb(14号)1.5〜2mをPE直結をお薦めします
太すぎたり長すぎるとアタリが出にくくなります

テンヤ

テンヤは基本※30号統一

深場・潮が速い時・悪天候時等の場合40号使うことが有ります
30号40号共に船に多少の在庫ありますが必ず複数準備して乗船下さい
シングルフック派ダブルフック派居られますが
深場や悪天候時などお祭り防止の為
シングルフック統一にする日があります
※船にも常備しておりますが必ずシングルフックもご持参下さい



サンマの3枚下ろしをお薦めします
掛け釣りでは絶対的に有利です
水温低下時等はイワシに分がある時があります

餌は使い放題で1人1000円(サンマのみ)
イワシは1パック500円
※必ず予約してください当日沖で餌ある?って言われても
対応できない時も多々あります


ちょっとウンチク

仕掛け投入はアナウンスと同時が基本、運動会のよーいドン!のイメージで

遅れれは他の方とのオマツリの原因となりますので注意

また底に着くまではサミング(スプールの糸を押さえて張って落とす)して下さい

シャクリ&ストップで誘います、要はシャクって誘い、止めて食わせます

アタリが有ったら?

アタリは主にコツコツッな啄むような場合やフッっと浮くような場合が多く

どの場合でも昔と全く逆です

即アワセ、アワセたら即巻き上げます

上げている途中何度か引きが軽くなったり重くなったりするのも特徴ですが

バレたっと思っていても上に走っているだけなのでとにかく巻き続けて下さい

船べりまで上がってきたらそのまま抜き上げる

その場合リーダーを手でつかんで上げて下さい
※水面より頭が出ると頭降って針ハズレの原因になります
頭が出る前に巻くの止めるのがベスト
見ていて7割以上の人が巻きすぎです
あと30センチ早く止めると水面ポチャリ軽減します

抜き上げるとロッドが折れたり、魚からテンヤが外れた場合

ロッドの反発で飛んできますので怪我をする場合が有ります

外れたテンヤが跳ねて人を怪我させたり

船の破損(状況によっては実費弁償してもらいます)

大変危険です必ず守って下さい


※気付いた人も居るかもしれませんが
このコーナーは大半僚船のコピーです(笑)
もちろん了解得てるし・・・
僕がアドバイスした事もそのまま盛り込まれてるし
何より考えずにコピーでほとんどOKだったから(^^)